#0055) GEORGIA SATELLITES / THE GEORGIA SATELLITES 【1986年リリース】

f:id:DesertOrchid:20180429143638j:plain

 

今回取り上げたTHE GEORGIA SATELLITES〔ザ・ジョージア・サテライツ〕の1stアルバム「GEORGIA SATELLITES」がリリースされたのは1986年。


このバンドでヴォーカル&リズム・ギターを担当しているDan Baird〔ダン・ベアード〕は1953年生まれなので、このアルバムがリリースされた時は既に33歳、他のメンバーのプロフィールは不明なのだが見た感じでは大体同じくらいの年齢だろう。


かなり遅咲きのデビューである。


1980年代はTHE GEORGIA SATELLITESのような米国のルーツ・ミュージックに根差したストレートなロックン・ロールを演奏するアーティストにとって、なかなか厳しい時代だった。


否、Bruce Springsteenブルース・スプリングスティーン〕、John Mellencamp〔ジョン・メレンキャンプ〕、Tom Pettyトム・ペティ〕、Bob Seger〔ボブ・シーガー〕等、名前を挙げるとキリが無いが、ベテラン勢のルーツ・ロック系アーティストは高い人気を維持していたので、そういう音楽自体の人気が落ちていた訳ではないのだろう。


そもそも米国人というのは(例外もあるだろうが)、こういうルーツ系ロックを好む人が多いのだろう。


しかし、その割には不思議なくらいこの手の新人アーティストが出てこなかった。


出てくるアーティストは、DURAN DURANデュラン・デュラン〕やCULTURE CLUBカルチャー・クラブ〕に代表される第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンや、MOTLEY CRUE〔モトリー・クルー〕やRATT〔ラット〕に代表されるグラム・メタル(日本での呼称はLAメタル)が、その殆どを占めていた。


これらのアーティストに共通するのが「視覚的インパクトが大きい」ということである。


これは、1981年に開局したミュージック・ビデオを24時間放送するMTVと無関係ではないだろう。


そうなると、THE GEORGIA SATELLITESのようなMTV映えする視覚的インパクトに欠けるアーティストは、なかなかレコード会社に見出してもらい難くなるのだろう。


THE GEORGIA SATELLITESのメンバーを見てもらうと解かると思うのだが、みんなロックン・ローラー然としたルックスなのだが、グラマラスな化粧もしていないし、煌びやかな衣装も着ていない。


アルバム・ジャケットでは頑張って制帽を被っているメンバーもいるが、カッコ良いというより、なんだか「がきデカ」みたいでちょっとコミカルに見える。


もしかするとMTVが無ければTHE GEORGIA SATELLITESはもっと早くデビュー出来ていたのかもしれない。


そんなTHE GEORGIA SATELLITESも、どうにかこうにかエレクトラからメジャー・デビュー出来たわけだが、そんな彼らの1stシングル"Keep Your Hands To Yourself"は徐々にチャートを上昇し、全米第2位の大ヒットとなった。


筆者は、ヒットしたかヒットしなかったかを尺度にして音楽を聴くことは無いが、今、改めて当時を振り返ると、やはり米国人はこういうルーツに根差したストレートなロックン・ロールが好きな人が多く、その音楽のクオリティが高ければヒットする可能性は高いということを証明したバンドがTHE GEORGIA SATELLITESだったのではないかと思う。


THE GEORGIA SATELLITESの曲はどれもこれも、とにかくカッコ良い。


THE GEORGIA SATELLITES は、1970年代初期に英国人であるTHE ROLLING STONESやFACESがやっていた米国南部のルーツ・ミュージックに根差したロックン・ロールから多大な影響を受けたバンドである。


そんな音楽をTHE GEORGIA SATELLITESという本物の米国南部のミュージシャンがやると、当たり前だが更に南部の香りが強いロックン・ロールになる。


所謂(いわゆる)、サザン・ロックにもカテゴライズされるバンドなのだが、彼らの曲はいずれもキャッチ―でコンパクトに纏められており、サザン・ロック的な長いインプロビゼーションは苦手という人でも楽しんで聴けるのではないかと思う。


しかし、この手の音楽というのは、何年経っても、いつ聴いても、変わらない普遍的な魅力があることに改めて気付かされた。