#0071) PSYCH OUT / THE SEERS 【1990年リリース】

f:id:DesertOrchid:20180624011221j:plain

 

Amazon Music UnlimitedでTHE SEERS〔ザ・シアーズ〕を検索すると筆者の知っているTHE SEERSとは全く違う別のバンドが出てくる。


今回取り上げるのは、1990年にデビュー・アルバム「PSYCH OUT」をリリースした英国はブリストル出身の方のTHE SEERSである。


筆者は、このTHE SEERSというバンド、そして「PSYCH OUT」というアルバムが大好きなのだがバンドに関する知識はゼロに近い。


グループ写真を見ても誰がどの楽器を担当しているのかも判らない。


数年前に"The Seers Story"というサイトを見つけたのだが、如何せん英語で書かれているのでイマイチ何が書かれているのか判らない。


けっこう詳しいバイオグラフィが書かれていそうなのでGoogle翻訳で日本語に変換してみたのだが、なんだかよく判らない日本語になってしまい読む気にならない。


とにかく、筆者がこのバンドについて知っていることと言えば、「PSYCH OUT」がとても良いアルバムだということぐらいだ。


2ndアルバムの「PEACE CRAZIES」もなかなか良いアルバムなのだが、「PSYCH OUT」と比べると少しインパクトが弱い。


ちなみに、1stアルバムの「PSYCH OUT」にはアルバム・タイトルと同名の曲が収録されておらず、2ndアルバムの「PEACE CRAZIES」に"Psychout"という曲が収録されていて、「PSYCH OUT」よりも「PEACE CRAZIES」の方がサイケ感の強い音楽性になっているという紛らわしいことになっている。


「PSYCH OUT」は解りやすくてストレートなロックン・ロール・アルバムなのだが、とにかくメロディが秀逸である。


バンドのバイオグラフィが全く判らない上に、インタビューも読んだことが無いので、THE SEERSがどんなバンドに影響を受けたのか判らない。


ただし、聴いた感じではTHE STOOGES〔ザ・ストゥージズ〕やMC5〔エム・シィー・ファイヴ〕辺りのガレージ・ロックから影響を受けていることは確実だろう。


このバンドの面白いところはTHE STOOGESやMC5からの影響を受けつつも、非常に歌メロが際立っており、その辺りのセンスが筆者の好きなHANOI ROCKSハノイ・ロックス〕やTHE DOGS D'AMOUR〔ザ・ドッグス・ダムール〕に通ずるセンスを感じ取ることができる。


この秀逸な歌メロを聴いていると、もしかするとTHE BYRDSザ・バーズ〕やBUFFALO SPRINGFIELDバッファロー・スプリングフィールド〕辺りのフォーク・ロックからの影響もあるのかもしれない。


薄っすらと漂うサイケ感は、THE SEEDS〔ザ・シーズ〕やTHE ELECTRIC PRUNES〔ジ・エレクトリック・プルーンズ〕辺りからの影響だろうか。


英国のバンドなので彼らの世代を考えるとTHE SMITHSザ・スミス〕やTHE JESUS AND MARY CHAIN〔ザ・ジーザス&メリー・チェイン〕辺りの少し上の世代のバンドからの影響があってもおかしくない。


とにかく、バンドの素性が全く判らないので想像するしかない。


どなたか英語の達者な方、"The Seers Story"を日本語に翻訳して頂けないだろうか。


1980年代後半から1990年代の前半には、今回取り上げたTHE SEERSのような素性が判らないけれどカッコ良いロックン・ロール・バンドがいくつかあるので、折を見てこのブログで取り上げていこうと思う。