#0087) PEACE SELLS... BUT WHO'S BUYING? / MEGADETH 【1986年リリース】

f:id:DesertOrchid:20180812153141j:plain

 

通常、MEGADETHメガデス〕が最も音楽性が充実していて人気があった時期は、Dave Mustaine〔デイヴ・ムステイン〕(vocals & guitars)、David Ellefson〔デイヴィッド・エレフソン〕(bass)、Nick Menza〔ニック・メンザ〕(drums)、Marty Friedmanマーティ・フリードマン〕(guitars)という黄金のラインナップで制作された4thアルバム「RUST IN PEACE」、或いは、5thアルバム「COUNTDOWN TO EXTINCTION」ということになるのだろう。


確かにこの時期のMEGADETHのアルバムはスラッシュ・メタル・ファン以外のリスナーにもアピールできるほどのポピュラリティを獲得しており、実際に筆者の周りでも普段はスラッシュ・メタルを聴かないようなロック・リスナーまでもがMEGADETHのアルバムを聴いている状況であった。


筆者もこの時期のMEGADETHは好きなのだが、MEGADETH本来の魅力が詰め込まれているのは、1stアルバム「KILLING IS MY BUSINESS... AND BUSINESS IS GOOD!」、2ndアルバム「PEACE SELLS... BUT WHO'S BUYING?」、3rdアルバム「SO FAR, SO GOOD... SO WHAT!」の三枚だと思っているし、そう思っているMEGADETHファンも少なくないはずだ。


そして、今回は、その中でも最もMEGADETH本来の魅力が凝縮されている2ndアルバム「PEACE SELLS... BUT WHO'S BUYING?」を取り上げてみる。


それでは、MEGADETH本来の魅力とは何だろうか?


それは自分を解雇したMETALLICAメタリカ〕に対する復讐心を根源とするDave Mustaineの狂気だ。


「PEACE SELLS... BUT WHO'S BUYING? (平和が売られている、しかし、誰が買うんだ?)」というアルバム・タイトルからしてアイロニカルで、この時期のDave Mustaineの屈折した心理状態を現しているいるような気がしてならない。


はっきり言って、このアルバム(というか1st~3rdまでの初期三枚)は、聴き易い音楽性ではない。


たぶん意識的にだと思うのだが、必要以上に複雑な曲構成に拘っているいるような気がするし、覚えやすいメロディも殆ど無い。


METALLICAの「RIDE THE LIGHTNING」や「MASTER OF PUPPETS」が過激でありながらも抒情性やキャッチーな要素も持っていたことを考えると、MEGADETHの「PEACE SELLS... BUT WHO'S BUYING?」は徹底的にアンチ・コマーシャルであり、これをよくメジャーのキャピトル・レコードがリリースしてくれたなと思う。


このアルバムを取り上げておいてこんなことを書くのは如何なものかと思うのだが、初めてMEGADETHを聴くのであれば、4thアルバムの「RUST IN PEACE」にしておいた方が良い。