#0092) WISH YOU WERE HERE / PINK FLOYD 【1975年リリース】

f:id:DesertOrchid:20180819203242j:plain

 

以前、#0016Syd Barrettシド・バレット〕の1stアルバム「THE MADCAP LAUGHS」を取り上げた。


今回はそのSyd Barrett が脱退を余儀なくされたバンド、PINK FLOYDピンク・フロイド〕の9thアルバム「WISH YOU WERE HERE」を取り上げることにする。


このアルバム・タイトルを直訳すると、「あなたがここにいたらいいのにと思う」という意味になるはずだ。


邦題も「炎〜あなたがここにいてほしい」なので比較的素直な邦題の付け方である。


アルバム・タイトルの「WISH YOU WERE HERE」といい、収録曲の"Shine On You Crazy Diamond"といい、ドラッグ中毒になり、精神を病んで脱退したバンド創設時のリーダーであるSyd Barrettを意識しているように思えるのだが、Roger Waters〔ロジャー・ウォーターズ〕(vocals, bass)はこれを否定している。


本当かなと、勘ぐってしまう。


このアルバムを聴くと、どうしてもSyd Barrettを感じずにはいられないのである。


実は、筆者はPINK FLOYDを最初に聴いた時の印象は良くなかった。


どうしてもプログレッシヴ・ロックが聴きたくて、お小遣いを使い果たして買ったのがKING CRIMSONの1stアルバム「IN THE COURT OF THE CRIMSON KING」とPINK FLOYDの8thアルバム「THE DARK SIDE OF THE MOON」の二枚。


深遠なる幽玄の美を高度な演奏技術でスリリングに聴かせてくれるKING CRIMSONの「IN THE COURT OF THE CRIMSON KING」は直ぐに好きになれたのだが、PINK FLOYDの「THE DARK SIDE OF THE MOON」は筆者のイメージしていたプログレッシヴ・ロックとは大きく異なっていた。


ビョンビョンした変な音が入っていてサイケデリック・ロックっぽかったり、うるさい時計の音が入っていてエクスペリメンタル・ロックっぽかったり、ギター・ソロに泣きが入っていてブルース・ロックっぽかったり、とにかく掴み所がなかったのだが、何とか良い所をみつけようとして一年ほど聴き続けたら良いと感じるようになってきた。


今みたいにインターネットで簡単に試聴できる時代ではなかったので、せっかく買ったレコードを好きになるために必死だったのだ。


そして、もっとPINK FLOYDを聴いてみたくなって買った一枚が「WISH YOU WERE HERE」だ。


これは初めて聴いたときから好きになれた。


アルバムのオープニング曲、"Shine On You Crazy Diamond (Parts I–V)"で聴けるDavid Gilmourデヴィッド・ギルモア〕の泣きのギターでいきなり魂を持っていかれる。


そもそもこのバンドはプログレッシヴ・ロックなのだろうか?


筆者はこのバンドを聴く時に殆どプログレということを意識していない。


凄腕のミュージシャン揃いなのに、それほど演奏技術に拘っていなさそうなところがまた良かったりする。


KING CRIMSONEMERSON, LAKE & PALMER、YES、GENESIS等は、それぞれの音楽性は異なるものの、プログレとしてカテゴライズ出来ると思うのだが、どうにもPINK FLOYDだけはこの仲間には入れてもらえなさそうな気がして仕方がない。