#0123.1) マンガでわかるジャズ / 山本加奈子(著)、及川亮子(監修) 【2018年リリース】

ここ数年はインターネットで情報を収集することが増え、買う本の数が激減してしまったのだが、最近、面白い本に出合えたので番外編としてそれらの本を取り上げてみる。


まずは、山本加奈子(著)、及川亮子(監修)による「マンガでわかるジャズ」である。


詳しくは出版社の公式サイトを見て頂きたい。


筆者はロック・リスナーなのでジャズは全くの門外漢なのだが、若かりし頃に仕事で赴任した先に在ったジャズ喫茶にふとした切っ掛けで入り、そこのマスターからジャズを教えてもらうようになり、僅かではあるがジャズも聴くようになった。


しかしながら、全くの「かじり聴き」なので、ジャズについての知識が殆ど無い。


常々、ジャズの歴史やアーティストの相関関係を知りたいと思っていたのだが、ジャズはロックよりも歴史が深く、その成立の過程が複雑で全貌が掴みにくい。


そんな筆者のモヤモヤを一気に解決してくれたのが今回取り上げた「マンガでわかるジャズ」だ。


可愛らしい絵と丁寧な解説でジャズの全貌を解り易く教えてくれる一冊となっている。


ジャズ特有の敷居の高さもなく、初心者でも気軽に読める作りになっているので、「これからジャズを聴いてみたい」、或いは、「ジャズを聴き始めたけどこの先、何を聴いたらいいのか分からない」という人にお薦めしたい本である。