#0164) HAPPINESS / THE BELOVED 【1990年リリース】

f:id:DesertOrchid:20190216092015j:plain

 

アーティスト自体には全然思い入れが無いのに、何故かそのアーティストのアルバムが好きで一時的に聴きまくることが時々ある。


例えば、今回取り上げたTHE BELOVED〔ザ・ビラヴィッド〕の2ndアルバム「HAPPINESS」が、それに該当する一枚だ。


このアルバムはハウスからの影響が強いシンセポップということになるのだろうか?


1990年にリリースされたアルバムなので、彼らの本国である英国ではロックとダンスを融合させて一大ムーヴメントとなったマッドチェスターが盛り上がっていた時期であり、THE STONE ROSESザ・ストーン・ローゼズ〕、HAPPY MONDAYSハッピー・マンデーズ〕、INSPIRAL CARPETS〔インスパイラル・カーペッツ〕、THE CHARLATANS〔ザ・シャーラタンズ〕等の人気が沸騰していた時期だ。


そして、この時期はマッドチェスター勢以外でも、JESUS JONES〔ジーザス・ジョーンズ〕、EMF〔イーエムエフ〕、POP WILL EAT ITSELF〔ポップ・ウィル・イート・イットセルフ〕等のデジタル・ロック勢も盛り上がっており、こちらもまたロックとダンスの融合を盛んに試みていた。


THE BELOVEDも、そんな「ロックとダンスの融合」というムーヴメントから浮上してきたアーティストだと思うのだが、上記したマッドチェスター勢やデジタル・ロック勢に比べるとロックの要素は薄いような気がする。


THE BELOVEDの音楽性を簡単に且つ乱暴に言い切ってしまうと「非常に優秀なNEW ORDERニュー・オーダー〕のフォロワー」だ。


THE BELOVEDもNEW ORDERと同様に打ち込みを使ったダンス・ミュージックなのだが、NEW ORDERが打ち込みを使いながらもロックのダイナミズムを感じさせてくれるアーティストであるのに対し、何故かTHE BELOVEDからはあまりロック的な要素が感じられない。


むしろ、NEW ORDERよりも更に洗練されたセンスが感じられ、NEW ORDERよりも更に聴き易いダンス・ミュージックを構築している。


今回取り上げた「HAPPINESS」にはヒット曲の"Hello"も収録されており、このアルバムが彼らの代表作だと思うのだが、とにかく聴き易い。


アーティスト自体に思い入れが無く、歌詞を見たことがないのでどんなことを歌っているのかは全く判らないのだが、聴いていると実に気持ち良くなれるアルバムだ。


そして、それほどメジャーではないこんなアルバムまでもがAmazon Music Unlimitedで聴けてしまうことに驚きを禁じ得ない。