#0199) NOW I GOT WORRY / THE JON SPENCER BLUES EXPLOSION 【1996年リリース】

f:id:DesertOrchid:20190511144330j:plain

 

#0197でPANTERA〔パンテラ〕の「THE GREAT SOUTHERN TRENDKILL」を取り上げた時に、「アルバム冒頭のけたたましいドラムと雄叫びにやられた」と書いたが、今回取り上げたTHE JON SPENCER BLUES EXPLOSION〔ザ・ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン〕(以下、JSBX)の5thアルバム「NOW I GOT WORRY」も冒頭でけたたましい雄叫びが聴けるアルバムだ。


今、改めて気付いたのだが、この2枚のアルバムは同じ年(1996年)にリリースされている。


筆者は1990年代後半から一時的にロックへの興味をじわじわと失い始めたのだが、PANTERAの「THE GREAT SOUTHERN TRENDKILL」とJSBXの「NOW I GOT WORRY」の2枚は毎日のように聴いていた記憶がある。


JSBXというバンドは、Jon Spencer〔ジョン・スペンサー〕(vocals, guitar)、Judah Bauer〔ジュダ・バウワー〕(guitar, vocals)、Russell Simins〔ラッセル・シミンズ〕(drums)という3人によるベースレスのバンドだ。


Jon SpencerがJSBX結成以前にやっていたPUSSY GALORE〔プッシー・ガロア〕もベースレスのバンドであり、どうもこの人はベースレスへの強い拘りを持っていそうな気がする。


筆者は、ベースという楽器は、ロック・バンドにおいて、実はギターよりも重要な楽器だと思っているので、ベースレスというバンド編成への拘りが不思議で仕方がない。


この件について、Jon Spencerからその拘りへの理由を聞いてみたいと思っているのだが、Jon Spencerがこの件について洋楽雑誌のインタビュー記事で何かを語っているのを読んだ記憶が無い。


さて、今回取り上げた「NOW I GOT WORRY」はJSBXの代表作と呼べるアルバムなのだろうか?


JSBXの代表作と言うと、当時のロック・シーンに衝撃を与えた前作「ORANGE」のような気がするが、アルバムとしての完成度は「NOW I GOT WORRY」の方が上なのではないだろうか。


このアルバムは、パンクを通過した世代が生み出した非常に優秀なブルース・ロックン・ロール・アルバムだ。


古いようでいて新しく、新しいようでいて古いこのバンドの音はパンク・ブルースというジャンルにカテゴライズされるそうなのだが、成るほど言い得て妙なネーミングである。


男子とは、得てしてカッコ良いものに惹かれる性があると思うのだが、JSBXというバンドはとにかくカッコ良いので男子にとっては看過することの出来ないバンドなのである。