#0204) DIG YOUR OWN HOLE / THE CHEMICAL BROTHERS 【1997年リリース】

f:id:DesertOrchid:20190526095552j:plain

 

遅ればせながらKeith Flint〔キース・フリント〕の訃報を受け、#0194で彼が所属していたTHE PRODIGY〔ザ・プロディジー〕の「THE FAT OF THE LAND」を取り上げた。


それが切っ掛けとなり、1990年代に嵌っていたエレクトロニカのアーティストを最近よく聴いている。


THE PRODIGYの「THE FAT OF THE LAND」は1997年にリリースされたアルバムだが、同じ年に、当時、THE PRODIGYと人気を二分していたエレクトロニカのもう一方の雄であるTHE CHEMICAL BROTHERS〔ザ・ケミカル・ブラザーズ〕が「DIG YOUR OWN HOLE」という凄い2ndアルバムをリリースしている。


同じ時期にはUNDERWORLDアンダーワールド〕やORBITAL〔オービタル〕の人気も高かったのだが、やはり、この時期のエレクトロニカと言えばTHE PRODIGYTHE CHEMICAL BROTHERSがツートップだろう。


つまり、ブリティッシュ・ビートにおけるTHE BEATLESザ・ビートルズ〕とTHE ROLLING STONESザ・ローリング・ストーンズ〕、サザン・ロックにおけるTHE ALLMAN BROTHERS BAND〔ジ・オールマン・ブラザーズ・バンド〕とLYNYRD SKYNYRDレーナード・スキナード〕、プログレッシヴ・ロックにおけるPINK FLOYDピンク・フロイド〕とKING CRIMSONキング・クリムゾン〕のような存在がこの時期のエレクトロニカではTHE PRODIGYTHE CHEMICAL BROTHERSなのである。


THE PRODIGYの「THE FAT OF THE LAND」もそうなのだが、今回取り上げるTHE CHEMICAL BROTHERSの「DIG YOUR OWN HOLE」もかなりロック色の強いエレクトロニカだ。


この辺りの音楽はエレクトロニカの中でもビッグ・ビートというジャンルにカテゴライズされ、エレクトロニカ本来のサンプリングとバンド・サウンドを絶妙に融合させたロック寄りのアプローチをしており、当時、ロック・ファンを巻き込んで大きなムーヴメントになっていた。


このアルバムに収録されている"Setting Sun"はシングルとしてもリリースされた曲なのだが、この時期、将に飛ぶ鳥を落とす勢いだったOASIS〔オアシス〕のNoel Gallagher〔ノエル・ギャラガー〕がヴォーカルと作詞で参加しており、全英1位を獲得している。


この"Setting Sun"という曲、1960年代風の古典的なロックと、1990年代のエレクトロニカが見事に融合した強烈にカッコ良い曲であり、正直なところ、筆者は、自分が聴いたことのあるOASISのどの曲よりも"Setting Sun"の方が好きだ。


やはり、この時期のエレクトロニカは好きなので、このブログのタイトルにはそぐわないが、これからも時々取り上げたい。