#0209) THANK YOU / ROYAL TRUX 【1995年リリース】

f:id:DesertOrchid:20190615134758j:plain

 

ROYAL TRUX〔ロイヤル・トラックス〕は#0199で取り上げたTHE JON SPENCER BLUES EXPLOSION〔ザ・ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン〕(以下、JSBX)と同様、ワシントンD.C.出身のノイズ・ロックバンドPUSSY GALORE〔プッシー・ガロア〕から派生したバンドだ。


バンドと書いたが、実際にはNeil Michael Hagerty〔ニール・マイケル・ハーガティ〕(vocals, guitar / ♂)とJennifer Herrema〔ジェニファー・ヘレマ〕(vocals / ♀)のカップルによるデュオと書くべきなのかもしれない。


上記のとおり、JSBX もROYAL TRUX もPUSSY GALOREから派生したバンドなのだがその音楽性は大きく異なる。


筆者は、JSBXの方は大抵のアルバムが好きなのだが、ROYAL TRUXの方は正直なところ好きなアルバムが少ない。


特にROYAL TRUXがインディー・レーベルからリリースしているアルバムには苦手なものが多い。


とりわけ初期のアルバムは、筆者の耳には「ジャンキーが垂れ流したノイズ」にしか聴こえないし、実際にこの二人はジャンキーだ。


筆者は、「ドラッグをやることにより素晴らしいロックが生み出された」という理論には懐疑的である。


素晴らしいロックを生み出したミュージシャンの多くにはそもそも才能がある上に、日々弛まぬ努力を続けた結果、そが素晴らしいロックに結び付いたのだと思っている。


もしかすると、ドラッグなんてやらずに健康でいた方がもっと素晴らしいロックを生み出せていたかもしれない。


ドラッグで夭折したFREE〔フリー〕のPaul Kossoff〔ポール・コゾフ〕なんて、ドラッグに蝕まれる前の方が生き生きとしてタイトでブルージーなギターを弾いている。


理不尽な障碍や病で健康を失い苦しむ人だってこの世には沢山いるのだから、健康な体を自らドラッグで痛めつけて不健康にするようなアホなことは止めなさいと言いたい。


ROYAL TRUXの二人のことは、ショーモナイ奴らだと思っているのだが、彼らがメジャー・レーベルのヴァージンからリリースした5thアルバム「THANK YOU」は好きでよく聴いている。


筆者は、アーティスト自身と、そのアーティストが生み出した作品は分けて考える人間なので、今回は筆者にとってその代表とも言えるROYAL TRUXの「THANK YOU」を取り上げてみた。