#0338) FIRST AND LAST AND ALWAYS / THE SISTERS OF MERCY 【1985年リリース】

f:id:DesertOrchid:20200809091129j:plain

 

筆者は1969年生れなので1977年に英国でパンク・ムーヴメントが勃発した時は小学3年生だ。


従って、パンク・ムーヴメントはリアルタイムで体験できていない。


もちろん、中には小学生でロックを聴き始める人もいるのかもしれないが、それはかなり稀なケースだろう。


筆者がロックを聴き始めたのは中学1年生、つまり1982年からなので、その頃に聴いていた英国の(当時の)新人アーティストは多かれ少なかれパンクの影響を受けていた。


所謂ポストパンクやニュー・ウェイヴと呼ばていたアーティストがそれにあたるのだが、51歳になった2020年現在では、当時必死に聴いていたそれらのアーティストを殆ど聴かなくなってしまった。


その理由は簡単で、当時のポストパンクやニュー・ウェイヴのアーティストは実験精神に溢れた個性的で面白い音楽を制作していたのだが、音楽的にも演奏面でも成熟していないアーティストが多く、多種多様な音楽を聴くようになった現在では、そういった音楽を聴くのが少々しんどくなってしまったのである。


ただ、そんな中でも聴き続けているアーティストもあり、それがゴシック・ロック系のアーティストなのある。


このブログではゴシック・ロックの起源とも呼べるバンドBAUHAUS〔バウハウス〕は取り上げているので、今回はゴシック・ロックの象徴とも言えるバンドTHE SISTERS OF MERCY〔ザ・シスターズ・オブ・マーシー〕を取り上げてみる。


取り上げるのは1stアルバム「FIRST AND LAST AND ALWAYS」なのだが、実はこのアルバムはTHE SISTERS OF MERCYがリリースした3枚のスタジオ・アルバムの中では聴く回数が最も少ないアルバムだ。


むしろ、ヘヴィ・メタルちっくビルドアップされた3rdアルバム「VISION THING」の方が圧倒的に聴く回数が多い。


しかし、THE SISTERS OF MERCYの代表作を一枚選ぶとなる、どうしても「FIRST AND LAST AND ALWAYS」になってしまうのである。


やはり、このDoktor Avalanche〔ドクター・アバランシュ〕(ドラムマシン)が叩き出す無機質なリズムと暗黒感が漂う曲調こそ、ゴスの象徴たるTHE SISTERS OF MERCYの世界なのである。


ただし、Andrew Eldritch〔アンドリュー・エルドリッチ〕のヴォーカルはかなり下手糞なので、聴くのが少々しんどくなる時もある。