#0345) PRIDE & GLORY / PRIDE & GLORY 【1994年リリース】

f:id:DesertOrchid:20200904235325j:plain

 

Ozzy Osbourneオジー・オズボーン〕は凄いギタリストを見つけ出す名人だ。


BLACK SABBATHブラック・サバス〕を脱退し、ソロ・アーティストとしての活動を開始した時にRandy Rhoadsランディ・ローズ〕という天才を見つけ出し、そのRandy Rhoadsを失った後には直ぐにJake E. Lee〔ジェイク・E・リー〕という天才を見つけ出した。


そのJake E. Leeを解雇した後、「流石に3人目を見つけるのは難しいのでは?」と思っていたところ、今度はZakk Wyldeザック・ワイルド〕という天才を見つけ出した。


ちなみに、凄いヴォーカリストを見つけ出す天才はRitchie Blackmore〔リッチー・ブラックモア〕なのだが、それはまた別の機会に書いてみたいと思う。


今回取り上げているPRIDE & GLORY〔プライド&グローリー〕はZakk Wyldeが結成したサザン・ロック・バンドであり、セルフ・タイトルのデビュー・アルバムを1枚だけリリースしている。


筆者は1969年生れなので、THE ALLMAN BROTHERS BAND〔ジ・オールマン・ブラザーズ・バンド〕やLYNYRD SKYNYRDレーナード・スキナード〕といったオリジナルのサザン・ロックは後追いで聴いた。


筆者が初めてリアルタイムで聴いたサザン・ロックは1980年代中期に登場したTHE GEORGIA SATELLITES〔ザ・ジョージア・サテライツ〕であり、その次が1990年代初頭に登場したTHE BLACK CROWES〔ザ・ブラック・クロウズ〕である。


しかし、THE GEORGIA SATELLITESやTHE BLACK CROWESは、米国南部の音楽に影響を受けたTHE ROLLING STONESザ・ローリング・ストーンズ〕やFACES〔フェイセズ〕といった英国のバンドからの影響が強い米国のバンドである。


そのまんま米国南部を丸出しにした米国のバンドとなると、筆者が初めて聴いたサザン・ロックはPRIDE & GLORYのような気がする。


PRIDE & GLORYの曲は強烈な男臭さがあり、「男のロマン」という言葉がとてもよく似合う。


男のロマン」という言葉は、女の人からすると、子供じみていたり、或いは、アホっぽく感じたりするのだろうか。


しかし、大抵の男とは「男のロマン」に言いようのない憧れを抱くものなのだ。


この「PRIDE & GLORY」というアルバムを聴いていると、行ったこともないのに米国南部の情景が目に浮かび、「男のロマン」を追い求めて旅をしている自分に出会えるのである。