#0350) WILD YOUNG HEARTS / NOISETTES 【2009年リリース】

f:id:DesertOrchid:20200920070034j:plain

 

筆者は時々このブログで「2000年以降に登場した若いロック・バンドやアーティスト対してなかなか興味が持てない」と書くことがあったが、最近はちょっと考え方が変わってきた。


筆者は1969年生れなので、2000年といえば31歳になった年である。


30代になった頃から筆者の仕事には大きな状況の変化があった。


筆者は所謂「IT業界」で仕事をしてきた人間なのだが、20代の頃に担当していた仕事の殆どはプログラムの製造と、そのテストであり、連日の深夜残業や徹夜などが当たり前のような日々を過ごしてた。


体力的な負担では、20代の頃が最も激務だったのだが、若かったこともあり、特に体調を崩すことなく楽しく働けていたし、趣味であるロックを聴くことも欠かさなかった。


しかし、30代になってからは仕事の状況に変化が生じてきた。


顧客の偉いさんと合って開発スケジュールの打ち合わせをしたり、開発したシステムの導入先となるエンドユーザさんの所に出向いて要求をヒアリングしたり、開発するシステムの一部を外注するにあたり協力会社さんへの仕事の切り出しや彼らの仕事の進捗管理を行ったりという具合に、自分が責任を負うべき仕事の数が急激に増えたのである。


仕事としての遣り甲斐はあり、仲間にも恵まれていたので、それなりに楽しくやっていたのだが、20代の頃と比べると休日でも精神面の疲れが残ることが多くなり、趣味であるロックを聴くことから徐々に遠ざかっていったのが筆者の30代、即ち、2000年以降なのである。


2000年以降のロックがつまらなくなったのではなく、自分の方に問題があったことに最近になって漸く気付き、最近は2000年以降のロックをあれやこれやと探して聴いている。


そんな2000年以降の掘り起こし作業の中で最近メチャクチャ好きになったのが今回取り上げている英国のバンドNOISETTES〔ノイゼッツ〕だ。


1stアルバム「WHAT'S THE TIME MR WOLF?」も良いのだが、2ndアルバム「WILD YOUNG HEARTS」は更に良い。


黒人女性シンガーShingai Shoniwa〔シンガイ・ショニワ〕のソウルフルでちょっとヤンチャな歌声も良いし、インディー・ロックに薄っすらとシンセポップが塗されたような曲も良い。


3rdアルバム「CONTACT」はまだ未聴なので、この4連休に聴いてみようと思っている。