Rock & Roll Prisonerの憂鬱

好きな音楽についての四方山話

#0355) NOLA / DOWN 【1995年リリース】

f:id:DesertOrchid:20201010121234j:plain

 

米国南部は保守的な土地柄だと聞くことがあるが、実際のところはどうなのだろうか?


筆者は米国には行ったことがないのだが(正確には米国領の島には行ったことがある)、米国南部発祥のサザン・ロックが大好きなので上記の件にはけっこう興味があったりする。


筆者自身も実はかなり保守的な人間だ。


政治については無関心なので保守でもリベラルでもないが、食やファッションの好み、生活様式等に関しては完全に保守だと思う。


アイスクリームはお店側が推す季節モノの新作よりも必ずバニラを選ぶタイプなのである。


今回取り上げている「NOLA」は、まさに米国南部、ルイジアナ州ニューオーリンズ出身のバンド、DOWN〔ダウン〕の1stアルバムである。


DOWNとはPANTERA〔パンテラ〕のPhil Anselmo〔フィル・アンセルモ〕(vocals)、CORROSION OF CONFORMITY〔コロージョン・オブ・コンフォーミティ〕のPepper Keenan〔ペッパー・キーナン〕(guitars)、CROWBAR〔クロウバー〕のKirk Windstein〔カーク・ウィンドスタイン〕(guitars)とTodd Strange〔トッド・ストレンジ〕(bass)、EYEHATEGOD〔アイヘイトゴッド〕のJimmy Bower〔ジミー・バウアー〕(drums)により結成されたスーパーグループであり、PhilとKirkとJimmyはニューオーリンズ出身だ。


PhilはこのDOWNや彼のもう一つのバンドSUPERJOINT RITUAL〔スーパージョイント・リチュアル〕での活動に注力し過ぎてPANTERAのメンバーとの関係を悪化させてしまい、PANTERAの解散を招いた。


これは筆者の予測だが、PANTERAはテキサス州のバンドであり、同じ南部で隣接する州ではあるものの、ニューオーリンズ出身のPhilとPANTERAの他のメンバーとでは腹の底の部分で実は馬が合わなかったのではないだろうか?


Philのようなスーパースターと筆者を比べるのは僭越なのだが、京都生まれ京都育ちの筆者は昔から大阪の人と馬が合わない。


これは「良い」「悪い」の問題ではなく「馬が合わない」としか言いようがないのである。


今回取り上げているDOWNの「NOLA」は所謂スラッジ・メタルと呼ばれる遅くて重くて引き摺るような音なのだが、やはり南部出身だけにアーシーなサザン・メタル・テイストが濃く感じられ、このテイストは7年後にリリースされる2nd「DOWN II」で更に強まることになる。


このアルバムを聴いていると、Philにとっては、PANTERAよりもDOWNの方が居心地の良い場所だったように思えてならないのである。