#0360) WE STARTED NOTHING / THE TING TINGS 【2008年リリース】

f:id:DesertOrchid:20201025121450j:plain

 

今回取り上げるのは英国のインディー・ポップ・デュオ、THE TING TINGS〔ザ・ティン・ティンズ〕である。


THE TING TINGSという語感は英語のネイティヴ・スピーカーにはどう聞こえるのだろう?


英語を話すことも聞き取ることもできない日本人の筆者には"ティン・ティン"という響きがどうにも間抜けに聴こえて仕方がない。


そう言えば、1980年代にStephen "Tin Tin" Duffy〔スティーヴン・"ティン・ティン"・ダフィ〕というシンガーがいたことを思い出した。


Stephen "Tin Tin" Duffyの名前を初めて見た時は「アホみたいな芸名やなぁ~、こんな名前では売れへんでぇ~」と思ったものである。


今回取り上げているTHE TING TINGSはKatie Whiteという1983年生れの女性と、Jules De Martino〔ジュールズ・デ・マルティーノ〕という1969年生れの男性によるデュオであり、それぞれが色々な楽器を操るマルチ・インストゥルメンタリストだ。


#0350でNOISETTES〔ノイゼッツ〕を取り上げた時に「2000年以降に登場した若いロック・バンドやアーティストを積極的に聴いてこなかったので、最近は2000年以降の掘り起こしをしている」ということをNOISETTESそっちのけで書いたのだが、THE TING TINGSもそんな2000年以降の掘り起こし作業で見つけたアーティストだ。


今回取り上げているのは、そのTHE TING TINGSが2008年にリリースした1stアルバムの「WE STARTED NOTHING」なのだが、これがかなり良いのである。


1980年代から1990年代初期の英国によくいた、女の子をフロントに立てたキュートなポップ・ロック・バンドのテイストがあり、筆者のようなオッサンにはドンピシャで嵌るのである。


Katieは1983年生れなので非常に若いのだが、Julesは1969年生れであり、筆者と同い年なので、2000年以降のアーティストでありながら、我々オッサンにとっての古き良き時代であったUKロックのテイストも感じられるのだ。


これほど自分好みのアーティストを見落としていたのは不思議なのだが、このアルバムがリリースされた2008年の筆者は海外(アジアの某国)で仕事をしていた時期なので、きっと悠長にロックを聴いていられるような精神状態ではなかったのだろう。


グループ名に含まれる"ティン・ティン"という間抜けな響きも、Katieのような可愛い女の子がフロントにいるグループだと分かったとたん、何だか可愛らしい響きに感じてしまうのは筆者がオッサンだからだろう。