Rock & Roll Prisonerの憂鬱

好きな音楽についての四方山話

#0428) FANTASTIC / WHAM! 【1983年リリース】

f:id:DesertOrchid:20211003123904j:plain

 

今回取り上げているWHAM!ワム!]の1stアルバム「FANTASTIC」が、全英チャートで初登場1位になっていることを最近知った。


FANTASTIC」は1983年にリリースされており、当時の筆者は14歳なので、中2の時にリアルタイムで聴いたアルバムだ。


この時代は英国のアーティストが、米国のチャートを席捲していた時期であり、それはメディアによって、第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンと呼ばれていた。


ちなみに、1960年代に、THE BEATLESザ・ビートルズ]やTHE ROLLING STONESザ・ローリング・ストーンズ]等が米国のチャートを席捲した現象がブリティッシュ・インヴェイジョンであり、第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンとは、1980年代に起きた2回目のブリティッシュ・インヴェイジョンという意味である。


筆者の洋楽への入り口は、正にこの第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンなのである。


当時の筆者は、DURAN DURANデュラン・デュラン]、SPANDAU BALLETスパンダー・バレエ]、CULTURE CLUBカルチャー・クラブ]、KAJAGOOGOO[カジャグーグー]あたりと共に、WHAM!も夢中になって聴いていた。


当時は全然気付いてなかったのだが、今、改めて上記したアーティストの1stアルバムを聴いてみると、その完成度の高さに驚かされる。


どれもこれも、素人臭さが全く無く、曲も演奏も実にプロっぽいのである。


後の1990年代に起きた、シューゲイザーブリットポップには、物凄く素人臭いアーティストが多かったが、第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンのアーティストは完全にプロであり、本人たちのプロ意識も高い。


その中でも、今回取り上げているWHAM!の「FANTASTIC」は完成度の高さが尋常ではない。


筆者は、George Michaelジョージ・マイケル]の最高傑作は、ソロとしての1stアルバム「FAITH」だと思っているのだが、彼の作曲家としての才能は「FANTASTIC」の時点で既に完成されいる。


George Michaelは1963年生れなので、当時の彼は20歳なのだが、今、改めて「FANTASTIC」を聴いてみると、とてもじゃないが20歳の新人が書いた曲とは思えない完成度の高さなのである。


ここに至るまで、もう一人のWHAM!であるAndrew Ridgeley[アンドリュー・リッジリー]に触れなかったが、彼はGeorge Michaelの親友というだけで充分に大きな役割を果たしたのである。