Rock & Roll Prisonerの憂鬱

好きな音楽についての四方山話

#0431) THE BEST OF ROUGE / ROUGE 【1975年リリース】

f:id:DesertOrchid:20211023153255j:plain

 

ROUGE[ルージュ]というバンドを知った切っ掛けは全く憶えてない。


ただ、今回取り上げている彼らの1stアルバム「THE BEST OF ROUGE」を、中古レコード店で見つけたときの衝撃は今でも鮮明に憶えている。


NEW YORK DOLLSニューヨーク・ドールズ]やん!


もう、この一言に尽きる。


NEW YORK DOLLSの1stアルバム「NEW YORK DOLLS」のリリースは1973年、ROUGEの1stアルバム「THE BEST OF ROUGE」のリリースは1975年なので、もう、間違いなくROUGEDOLLSの影響を受けているはずだ。


先ほど「ROUGEを知った切っ掛けを全く憶えてない」と書いたが、たぶん、筆者が1980年代後半に嵌っていた日本のバッド・ボーイズ・ロックン・ロール・バンドのインタビュー記事の中でROUGEの名前が登場していたのではないかと思う。


日本のバッド・ボーイズ・ロックン・ロール・バンドとは、RED WARRIORS[レッド・ウォーリアーズ]、ZIGGY[ジギー]、G.D.FLICKERSジー・ディー・フリッカーズ]、SHADY DOLLS[シェイディ・ドールズ]、MARCHOSIAS VAMP[マルコシアス・バンプ]などのことである(MARCHOSIAS VAMPは違うかな?)。


これらのバンドのインタビュー記事で、1970年代の日本には、村八分[むらはちぶ]、SONHOUSEサンハウス]、外道[げどう]などのロックン・ロール・バンドがいたことを知ったのだが、ROUGEの名前も出ていたような気がする。


それ故、中古レコード店で「THE BEST OF ROUGE」っを見たときに、「えっ、ROUGEって、あのROUGEなん?」ってなったのである。


ROUGEの奏でる音楽はアルバム・カヴァーのとおり、NEW YORK DOLLSに通じるグラマラスなロックン・ロールなのだが、DOLLS以前に、THE ROLLING STONESザ・ローリング・ストーンズ]、THE YARDBIRDS[ザ・ヤードバーズ]、THE PRETTY THINGS[ザ・プリティ・シングス]といった、ブルースの影響を多分に受けた1960年代の英国のロックン・ロール・バンドからの影響が大きいのではないかと思われる。


ただし、このバンド、ブルージーなロックン・ロールをやりながらも、常に、どこかに笑える要素を含んでいるのである。


コミック・バンドではないのだが、人を笑わせようとするエンターテイナーっぷりが凄い。


特に、このアルバムに収録されている"正義のパンツマ"という曲は、何回聴いても「クスクス」と笑ってしまうのである。