#0026) WARREN ZEVON / Warren Zevon 【1976年リリース】

f:id:DesertOrchid:20180120005655j:plain

 

昨年末(2017年末)にAmazon Music Unlimitedを契約した。


Amazonプライム会員の場合、月額780円(会員以外は月額980円)で約4000万曲が聴き放題となる音楽配信サービスである。


Amazonプライム特典の一つであるPrime Musicが約100万曲だったので、Amazon Music UnlimitedではPrime Musicの約40倍の曲を聴き放題できる(ただし、J-POPの配信曲数は少ないらしいので、J-POPのリスナーは注意が必要だ)。


率直な感想を言うと、非常に便利であると感じている。


Amazon Music Unlimitedを契約してから、確実にCDを買う枚数が減った。


この先、CDを買わなくなるのかと思うと、一抹の寂しさを禁じ得ない。


筆者がAmazon Music Unlimitedで最もよく聴くのは、何らかの理由で手放してしまった過去に持っていたアルバムだ。


この手のアルバムの場合、もう一度聴いてみたい気がするので買って聴いてみたところ、結局それほど好きになれず、買ったことを後悔することもしばしばある。


今回取り上げたWarren Zevon〔ウォーレン・ジヴォン〕の2ndアルバム「WARREN ZEVON」は、「何らかの理由で手放してしまった過去に持っていたアルバム」なのだが、Amazon Music Unlimitedで再び聴くことが出来た。


何故手放してしまったのか解らないくらい素晴らしいアルバムだ。


所謂ウェストコースト・サウンド(死後か?)らしい大らかさもあるが、どちらかというと男らしい実直な歌と曲がこの人の最大の魅力だろう。


誰が付けたのか、「ハード・ボイルド」という二つ名も、なるほど納得がいく。


聴く者にけして媚を売らないちょっと不愛想な彼の歌声は、見た目が優男(やさおとこ)なのでそのギャップが面白い。


不愛想な歌声なのに、それでいてメロディは聴く者を包み込むような優しさがあり、これもまたギャップである。


もう少し懐具合が良くなったら、是非ともこのアルバムを買い直してみようと思う。