#0099) MAJOR LODGE VICTORY / GIN BLOSSOMS 【2006年リリース】

f:id:DesertOrchid:20180915171149j:plain

 

以前、#0059SOUL ASYLUM〔ソウル・アサイラム〕の9thアルバム「THE SILVER LINING」を取り上げた時に、「このアルバムがリリースされた2006年には、彼らと同様に劇的な復活作を届けてくれたアーティストが他にもいる」と書いた。


その一つとして、#0069GOO GOO DOLLS〔グー・グー・ドールズ〕の8thアルバム「LET LOVE IN」を取り上げたが、今回取り上げるGIN BLOSSOMS〔ジン・ブロッサムズ〕の4thアルバム「MAJOR LODGE VICTORY」も同様の一枚である。


SOUL ASYLUMGOO GOO DOLLSの場合は解散せずに活動を続けていたバンドが久々に放った復活作だったが、GIN BLOSSOMSの場合は解散していたバンドが再結成して放った復活作であり、そういう意味ではGIN BLOSSOMSの復活作はSOUL ASYLUMGOO GOO DOLLSの復活作よりも重みがあるのかもしれない。


GIN BLOSSOMSの良さを説明するのは簡単である。


とにかく、彼らの良さはそのメロディの美しさだ。


オルタナティヴ・ロック全盛の1993年に"Hey Jealousy"や"Found Out About You"というグッド・メロディのシングルをヒット・チャートに送り込んだ彼らだが、この「MAJOR LODGE VICTORY」収録のオープニング曲である"Learning The Hard Way"はそれらを遥かに凌駕する瑞々しいメロディを持った名曲である。


もし、このキラキラと輝く美しい曲を、晴れた休日の朝に偶然ラジオで聴けたなら、一日中ずっと幸せな気分でいられるだろう。


アルバムの中のベスト・ソングは間違いなくこの"Learning The Hard Way"なのだが、収録されている12曲全てのクオリティが高い。


GIN BLOSSOMSは1990年代の初頭に活躍したバンドなので、オルタナティヴ・ロックにカテゴライズされることが多いのだが、彼らの音楽性からはalternative(代替案)という感じは殆ど無く、むしろ、その古典的でメロディアスなスタイルはmainstream(主流)である。


はっきり言ってしまえば保守的なのである。


特にこのアルバムは保守的で、彼らの出身地であるアリゾナのバーでビールでも飲みながら聴きたい感じの曲が詰まっている。


パンク出現以降のロックは、保守的であると悪とされてしまう傾向があるのだが、筆者はそれが悪いことだとは思わない。


色々な選択肢がたくさんあった方が、筆者のような無節操に何でも聴きまくるリスナーにはありがたいのである。