#0101) 13TH FLOOR RENEGADES / LAST GREAT DREAMERS 【2018年リリース】

f:id:DesertOrchid:20180917171717j:plain

 

2018年現在、筆者は所謂アラフィフと呼ばれる年齢である。


中学生の頃にロックを知って以来、趣味の音楽鑑賞は現在でも続いているのだが、この歳になると十代の頃のように熱くなれるアーティストにはなかなか出会えなくなった。


ところが、最近、色々なロックン・ロール・バンドの名前をキーにしてインターネットで情報を検索していたところ、やけに気になるバンドを見つけてしまった。


そのバンドの名はLAST GREAT DREAMERS〔ラスト・グレート・ドリーマーズ〕。


自らを「最後の偉大なる夢追い人たち」と名乗るそのバンド名が気に入り、早速YouTubeで聴いてみた(観てみた)のだが、あまりにも筆者のストライク・ゾーンだったので久々にCDを購入してしまった。


それが今回取り上げたLAST GREAT DREAMERSの4thアルバム「13TH FLOOR RENEGADES」だ。


無節操に色々な音楽を聴き漁る筆者だが、「最も好きなジャンルは何か?」と問われたなら、必ず「ロックン・ロール」と答えるだろう。


それも、ポップで、キャッチーで、ちょっと切ないメロディを聴かせてくれるロックン・ロールが最高に好きなのである。


そういうロックン・ロール・バンドは、グランジオルタナティヴのムーヴメントが勃発してからは少なくなった。


ムーヴメントの終焉以降、スウェーデンからはBACKYARD BABIES〔バックヤード・ベイビーズ〕 、THE HELLACOPTERS〔ザ・ヘラコプターズ〕、HARDCORE SUPERSTAR〔ハードコア・スーパースター〕、米国からはBUCKCHERRY〔バックチェリー〕、BULLETS AND OCTANE〔バレッツ・アンド・オクターン〕等、活きのいいロックン・ロール・バンドも出てくるようになった。


いずれのバンドも筆者は喜んで聴いていたのだが、これらのバンドはハード・ロックヘヴィ・メタルからの影響が少なからずあり、筆者のストライク・ゾーンからは微妙にずれていたのである。


筆者のストライク・ゾーンは既に示したように、ポップで、キャッチーで、ちょっと切ないメロディを聴かせてくれるロックン・ロールであり、ハード・ロックヘヴィ・メタルからの影響が無い方が好ましい。


具体的なバンド名を挙げるならHANOI ROCKSハノイ・ロックス〕やTHE DOGS D'AMOUR〔ザ・ドッグス・ダムール〕がそれにあたる。


LAST GREAT DREAMERSも正にその系譜に位置するバンドなのである。


今のところバンドのプロフィールが殆ど判らないのだが、バンドのサイトを見ると英国のバンドであることが分り、バイオグラフィからはHANOI ROCKSやTHE DOGS D'AMOURから影響を受けたという文を読み取ることが出来る。


HANOI ROCKSのようなパンキッシュなテイストやTHE DOGS D'AMOURのようなブルージーなテイストは薄いのだが、初期のTHE BEATLESザ・ビートルズ〕やCHEAP TRICK〔チープ・トリック〕に通ずるパワー・ポップなテイストが心地良い。


SLADE〔スレイド〕やSWEET〔スウィート〕に通ずるグリッター感も薄っすらとある。


筆者は、1980年代の英国にいた知る人ぞ知るグラム・ロックン・ロール・バンドTHE BABYSITTERS〔ザ・ベビーシッターズ〕を思い出してしまった。


最近少しずつLAST GREAT DREAMERSのことが分かってきたのだが、どうやらそれほど若いバンドではなさそうだ。


ミュージック・ヴィデオに写っているメンバーを見ると、筆者とそれほど歳が変わらなさそうである。


1stアルバムのリリースが1994年なので、キャリア20年以上のベテランである。


久々にCDを集めてみたいと思えるバンドに出会えた。


今後も息の長い活動を期待する。