#0233) THE COMPLETE RECORDINGS / Blind Lemon Jefferson 【2008年リリース】

f:id:DesertOrchid:20190914221157j:plain

 

これまでにこのブログで取り上げてきたアーティストの中で最も生年月日が古い人はブルース・シンガーのSonny Boy Williamson II〔サニー・ボーイ・ウィリアムソンII〕であり、その生年は諸説あるが1899年生れというのが定説となっている。


Wolfgang Amadeus Mozart〔ヴォルフガング・アマデウスモーツァルト〕(1756年生)とRobert Alexander Schumannロベルト・アレクサンダー・シューマン〕(1810年生)の作品も取り上げているが、こちらは作品の作曲者であり、本人の演奏が収録されているわけではないので省くこととする。


今回取り上げたブルース・シンガーのBlind Lemon Jefferson〔ブラインド・レモン・ジェファーソン〕はSonny Boy Williamson IIよりも更に古く、この人の生年も諸説あるのだが1893年生れというのが有力であり、これが定説となっている。


Sonny Boy Williamson IIもBlind Lemon Jeffersonも、定説を信じるなら19世紀生れということになる。


Blind Lemon Jeffersonの生年である西暦1893年を日本の元号に変換すると明治26年だ。


日露戦争の開戦が1904年(明治37年)、夏目漱石が処女作の『吾輩は猫である』を発表したのが1905年(明治38年)、筆者の祖父の生年が1911年(明治44年)なので、初期のブルース・マンというのは歴史的過去の人物であるということに改めて気付かされる。


Blind Lemon Jeffersonは、その芸名からも分かるとおり盲目のブルース・シンガー/ギタリストであり、Blind Blakeブラインド・ブレイク〕、Blind Willie McTell〔ブラインド・ウィリー・マクテル〕と並び、盲目の3大ブルース・マンと言われている。


今回取り上げた「THE COMPLETE RECORDINGS」はBlind Lemon Jefferson が1926~1929年の間に遺したテイクを文字通りコンプリートしたアルバムである。


よくぞ遺してくれたなと思う。


テキサス出身という出自と関係あるのかどうか分からないのだが、Blind Lemon Jeffersonの歌とギターはブルース(憂歌)でありながら、どこかカラッとした陽性の魅力がある。


しかし、テキサスは後にTHE 13TH FLOOR ELEVATORS〔ザ・13thフロア・エレベーターズ〕やBUTTHOLE SURFERS〔バットホール・サーファーズ〕という狂気のロック・バンドを輩出する地であり、Blind Lemon Jeffersonの歌とギターからも同じ匂いを感じるのは気のせいだろうか?


何れにしても、よくぞ遺してくれたなと思う。