ロックン・ロール・プリズナーの憂鬱

好きな音楽についての四方山話

#0301) 21ST CENTURY ROCKS / Andy McCoy 【2019年リリース】

f:id:DesertOrchid:20200419063932j:plain

 

筆者にとって、1980年代から活動しているロックン・ロール系ソングライターの二大巨頭と言えば、THE DOGS D'AMOUR〔ザ・ドッグス・ダムール〕のTyla〔タイラ〕とHANOI ROCKSハノイ・ロックス〕のAndy McCoy〔アンディ・マッコイ〕だ。


この同世代(Tylaはたぶん1961年生れ、Andy McCoyは1962年生れ)のソングライターは創作活動が対照的である。


Tylaはファンが着いて行くのがしんどくなるほどの多作なソングライターだが、Andy McCoyは次にいつ彼の曲が聴けるかわかなないほどの寡作なソングライターだ。


そんな寡作なソングライターのAndy McCoyが昨年(2019年)、漸く重い腰を上げてソロ・アルバム「21ST CENTURY ROCKS」をリリースした。


Andy McCoyがAMORPHIS〔アモルフィス〕のメンバー等と結成したバンドGREASE HELMET〔グリース・ヘルメット〕がアルバムをリリースしたのが2012年なので、「21ST CENTURY ROCKS」はAndy McCoyがメインで関わっているフル・アルバムとしては7年ぶりのリリースとなる。


そして、ソロ・アルバムとしては1995年にリリースした「BUILDING ON TRADITION」以来となるので、実に24年ぶりのリリースとなる(驚くべきことにソロとしては3rdアルバムである)。


筆者はどんな分野であれ、基本的にクリエイターは多作であるべきだと思っている。


作品のリリースが少ない寡作なクリエイターというのは何だか勿体付けているようで、鼻についてあまり好感が持てない。


しかし、Andy McCoyだけは「まぁ、この人だったら仕方がないか」と許せてしまうのである。


何故なら、たまに届けてくる作品が尋常ならざるクオリティを備えているからだ。


ニュー・アルバムの「21ST CENTURY ROCKS」は24年前の「BUILDING ON TRADITION」と何も変わっていない。


Andy McCoyのルーツであるブルース、R&B、ロックン・ロールが基本であり、そこにラテンの要素が加味されたアルバムだ。


ただ、全ての曲がAndy McCoy以外には絶対に書けないメロディを備えており、全てが名曲と言える出来のアルバムに仕上がっているのだ。


きっと、この人にとって、これくらいのクオリティは朝飯前なのだろう。


願わくは、もう少しリリースのペースを上げて欲しいものである。