Rock & Roll Prisonerの憂鬱

好きな音楽についての四方山話

#0344) HELLBILLY DELUXE / Rob Zombie 【1998年リリース】

f:id:DesertOrchid:20200829201142j:plain

 

米国のインダストリアル・メタルにおける2大巨頭はMINISTRY〔ミニストリー〕とNINE INCH NAILSナイン・インチ・ネイルズ〕だが、MARILYN MANSONマリリン・マンソン〕とRob Zombie〔ロブ・ゾンビ〕も2大巨頭に匹敵する存在だ。


MINISTRYのAl Jourgensen〔アル・ジュールゲンセン〕と他の3人、つまり、NINE INCH NAILSのTrent Reznor〔トレント・レズナー〕、Marilyn Manson、Rob Zombieの間には世代的に開きがあるが、この4人を米国インダストリアル・メタルの四天王と呼んでもいいのかもしれない。


今回取り上げているRob Zombieは、言わずと知れたインダストリアル・メタル・バンドWHITE ZOMBIE〔ホワイト・ゾンビ〕を率いていた人物だ。


「HELLBILLY DELUXE」は、Rob Zombieがソロ・アーティストとしてリリースした最初のアルバムであり、この一枚がWHITE ZOMBIEを遥かに超える成功を修めたことにより、Rob ZombieはWHITE ZOMBIEを解散させ、本格的にソロ・アーティストとしての活動を開始することになった。


やはり、ソロでの成功の手ごたえを掴むと、バンドというものは、長く続ければ続けるほど足かせになってしまうのかもしれない。


下世話な話だが、バンドでやる以上、分け前は減るわけだし、固定された人間関係を維持するというのもストレスになりそうだ。


音楽的にも、他のメンバーから、あーだこーだ言われることなく、自分の理想を形にし易いはずである。


もちろん、レコード会社からの要望や、プロデューサーの意見もあるので、100%とは言えないのかもしれないが。


Rob Zombieというアーティストは、インダストリアル・メタルというジャンルの中では、ずば抜けてキャッチーな曲を作る人物である。


ソロとしてリリースしたこのアルバムからはRob Zombieのキャッチーな部分がWHITE ZOMBIEの頃より顕著になっており、中には東洋風の旋律が感じられる曲もあり、単純にインダストリアル・メタルとは言い切れない側面もある。


もしかすると、Rob Zombieの曲は筋金入りのインダストリアル・メタル・マニアからすると、キャッチーすぎて物足りないのかもしれない。


むしろ、よく言われるように、Rob Zombie とは、Alice Cooperアリス・クーパー〕やKISS〔キッス〕等のショック・ロック、或いは、T. REX〔T・レックス〕や初期David Bowieデヴィッド・ボウイ〕等のグラム・ロックを、1990年代のスタイルで蘇らせたアーティストなのかもしれない。