ロックン・ロール・プリズナーの憂鬱

好きな音楽についての四方山話

#0399) WHITE PONY / DEFTONES 【2000年リリース】

f:id:DesertOrchid:20210313131326j:plain

 

2001年から始まった21世紀も今年で10年になる。


既に20世紀は「今は昔」となった。


最近、自分の中で20世紀の記憶が薄れていくのを感じて仕方がない。


しかし、過去を忘れるということは、それだけ今が充実していると思うようにしている。


今回取り上げているのは20世紀最後の年である2000年にリリースされたDEFTONESの3rdアルバム「WHITE PONY」だ。


DEFTONESオルタナティヴ・メタルにカテゴライズされるバンドである。


これまでに色々なオルタナティヴ・メタル・バンドを好きになり、あれやこれやと聴いてきたのだが、DEFTONESに関しては初めて聴いた時から他のオルタナティヴ・メタル・バンドとは決定的な違いを感じてきた。


このバンドは爆音で演奏している時でも喧しさを感じない。


喧しいというよりは暗いのである。


「それは、お前の耳と頭どうかしてるからだよ」と言われるかもしれないが、こればかりはそう聴こえるのだから仕方がない。


英語が苦手なので歌詞についてはよく分からないのだが、怒りを感じさせる単語がちょいちょい出てくるように思える。


シンガーのChino Moreno[チノ・モレノ]はメキシコ系米国人なのだが、米国ではメキシコ系の人も、アフリカ系の人と同じように差別を受けたりしているのだろうか。


Chino Morenoが影響を受けたシンガーとして名を挙げる人の中でFAITH NO MORE[フェイス・ノー・モア]のMike Pattonマイク・パットン]、BAD BRAINS[バッド・ブレインズ]のH.R.[エイチアール]は「なるほど」と思うのだが、同時にPrince[プリンス]、THE SMITHSザ・スミス]のMorrisseyモリッシー]の名も挙げており、こちらは「えっ」という感じである。


しかし、PrinceやMorrisseyのような、DEFTONESの音楽性とは直接繋がらない人達からの影響がDEFTONESの曲に特異性をもたらしているのだろう。


DEFTONESは基本的にどのアルバムも聴いても名盤という凄いバンドなのだが、中でも今回取り上げている「WHITE PONY」は素晴らしい。


しかし、あまりにも暗すぎるので、気持ちが下を向いている時に聴くのは要注意である。