Rock & Roll Prisonerの憂鬱

好きな音楽についての四方山話

#0394) COLOURS / Adam F 【1997年リリース】

f:id:DesertOrchid:20210221122018j:plain

 

このブログでは何度かドラムン・ベースの名盤を取り上げてきたが、今回取り上げているAdam F[アダム・エフ]の1stアルバム「COLOURS」も1990年代におけるドラムン・ベースの名盤だ。


改めて1990年代という時代を振り返ってみると、筆者にとっての1990年代とはドラムン・ベースの時代だったなと思う。


筆者は1980年代初頭からロックを入り口として洋楽を聴き始めた人間なのだが、元来の節操の無さが幸いしたのか災いしたのか、色々な音楽(と、言っても多くは西洋の音楽)を聴くようになった。


1980年代にヒップ・ホップに出会った時は大きな衝撃を受け、「もう、ロックは要らない」と思ったのだが、その後はまたロックに戻り、ロックをメインとして聴きつつも、ヒップ・ホップにも聴くという状態になった。


しかし、1990年代にドラムン・ベースに出会った時の衝撃はちょっと違っていた。


本当に聴きたくて聴いているのはドラムン・ベース、惰性で聴いてるのがロック、という状態になり、その頃の筆者は殆どロックを捨てていたのである。


そんな時期に聴きまくっていたのが今回取り上げているAdam Fの「COLOURS」なのだ。


このアルバムの収録曲は、どこまでも広がっていくような音の連鎖を感じられるものが多く、聴いていると何とも言えない心地良い気分にさせられる。


ドラムン・ベースの中でも、かなりハウス・ミュージックの影響が強いアルバムであり、数あるドラムン・ベースの名盤の中でも特にキャッチーな作品なのではないだろうか。


更に、このアルバムはゲストが豪華であり、"Colours" ではRonny Jordan[ロニー・ジョーダン]がギターを、"The Tree Knows Everything" ではEVERYTHING BUT THE GIRLエヴリシング・バット・ザ・ガール]のTracey Thorn[トレイシー・ソーン]がヴォーカルを担当している。


豪華と言えば、Adam F自身が英国の有名なロック・シンガーAlvin Stardust[アルヴィン・スターダスト]の息子なので、血統を貴ぶ人にとってはこれもまた豪華な一面と言えるだろう。


ちなみに、Alvin Stardustは、あのDavid Bowieデヴィッド・ボウイ]が創り出した架空のロック・シンガーZiggy Stardust[ジギー・スターダスト]のモデルの一人という説があり、その息子のAdam FDavid Bowieのシングル"Telling Lies"のリミックスを手掛けている。